「腰痛、ぎっくり腰」にきくツボマッサージ

一度読んたらクセになる浮気 > 出張マッサージ > 「腰痛、ぎっくり腰」にきくツボマッサージ

「腰痛、ぎっくり腰」にきくツボマッサージ

腰にくるずっおいどってした重みや、針を刺すやうな痛み…こないなしんどい腰の痛みに悩まされいかってはおまへんか。

腰痛のほってんどは主に、姿勢の崩れにから発生やるこってがようけ、その姿勢のくずれにやり首の付け根や肩に負担がかかり、腰は首や肩がやる上半身を支えなならへん為、むっちゃの負担がかかるんやコリを生じます。ほんで姿勢のくずれがきっかけでぇ背骨の一つ一つにやたる「椎骨(ついこつ)」っていわれる骨の変形を招き、その「椎骨(ついこつ)」の間が狭くなるこってにやり神経が圧迫されるって、痛みだけぇでぇはなくしびれも起きてなおすのや。こないな症状にきくってされるツボは「腎兪(じんゆ)」って「委中(いちゅう)」をマッサージやるってやいでっしゃろ。

まず「腎兪(じんゆ)」はウエストのいっちゃんほそいライン上って背骨が交差した場所やり指2本分外ねきにむかった位置にやり、この「腎兪(じんゆ)」をマッサージやるこってにやり、腰のやらしいな症状全般を緩和してくれます。次に「委中(いちゅう)」やけど、「委中(いちゅう)」はひざの後ろにやる中央のくぼみに位置やるツボでぇ、このツボのマッサージを施すこってでぇ腰や背中の痛みを和らげてくれます。

どちらのツボも「腰痛」及び「ぎっくり腰」に効きまっけど、「ぎっくり腰」を引き起こした場合は、うつ伏せの状態でぇお腹にクッションやらなんやらを入れて「腰椎(やうつい)」をまっはよぅし、10分から15分程度こーりでぇ冷やし、安静にして患部から離れた「委中(いちゅう)」のツボでぇマッサージをやるってええでっしゃろ。せやけど、強い力でぇ押すさかいはなく優しくもむ程度が理想やねん。

気持ちいいお店を見つけたよ。